株式会社システムベース

Informationお知らせ

2022年1月15日

統合型販売管理システム TOREOS

中堅企業向けの、販売管理に関する基本業務を効率的かつ高品質に実現するパッケージアプリです。

予算管理、実績管理、差異分析、予算修正がスムーズに行えるような工夫がなされています。

販売管理は、「お客様の戦略」と「業務」をつなぐITとして、ビジネスモデル、経営戦略、個別戦略を考えます。

「お客様の課題を解決するシステム」すなわち「ITソリューション・システム」です。

特徴

<売上伝票>

必要な機能をコンパクトに配置!

シンプルな操作にこだわり、必要なものだけをご用意しました。

 

 

<請求書・得意先元帳>

分かり易さを重視!

指定用紙はもちろん、汎用用紙(コピー用紙)にも印刷できるようデザインをご用意しました。

 

 

<在庫管理>

全社の情報を一目で把握!

拠点間の確認と製品別入庫/出庫の確認ができる在庫照会機能をご用意しました。

 

 

資料ダウンロードはこちら

2022年1月15日

宅配弁当管理 ぐるめスポット

産業給食業様向けの、販売管理に関する業務を効率的に実現するパッケージアプリです。 予約、受注、配送指示、請求までスムーズに業務が行えるような工夫がなされています。

CTI機能に対応し、受注時の事務処理を大幅に軽減します。CTIとは、「電話をコンピュータに統合する技術」です。 簡単に言うと「電話番号からお客様を検索する仕組み」。このCTIを「電話による受注業務」に応用しました。

また、見やすい配送表を搭載しており、積み込み・配送のミスを大幅に削減します。

 

特徴

  • 視認性に優れたコース別の受注画面を採用。未確認の得意先が一目で判断できます。
  • 常に全コースの受注状況を表示。受注が遅れているコースが即座に判断できます。
  • 電話の受信も発信もコンピュータ操作が可能です。受話器を操作する必要はありません。
    (※CTI受信機能、CTI発信機能はともにオプション機能となります。)
  • 配送表の組み換えが、とっても簡単。そのほか予約登録や単価設定など簡単な操作でできます。


資料ダウンロードはこちら

2022年1月15日

流通小売業データ送受信サービス 流通BMS

流通BMS協議会「流通BMSロゴ許諾製品」

流通BMSサービス

製造業卸業用:データ受信サービス(クライアント:卸業様・製造者様向け~流通BMS対応~)

小売業用 :VANサービス(サーバ:小売業向け~流通BMS対応~)


特徴

製造業・卸業向けサービス(データ受信代行サービス

小売業からの受注各種データを弊社が代行して受信いたします。 現在お使いの基幹システムへ直接データ連携を実施しますので、小売業様のシステムに変更・項目追加変更の際に御社のシステム対応が軽減されます。
また担当者様の休日、繁忙時間のみの対応も可能となっております。

 

 

小売業向けサービス

流通BMS受信が可能な取引先を指定してのデータ配信が可能です。
流通BMSの機能を活かしての戦略的なデータ活用を支援します。

 

2022年1月15日

流通業データ送受信サービス 受注代行

スーパーマーケット、ショッピングセンターなど小売業からの各種受信データを、弊社が御社に代わって受信いたします。

小売業側でのシテステム変更・項目追加変更の際も弊社側のシステムを変更して御社のデータレイアウトにて連携いたします。

 

 

特徴

流通BMS

都度都度の流通BMSへの切替費用削減!

頻繁に発生する切替に対応いたします。システム説明会同行、小売業への問い合わせも代行します。

 

 

Webブラウザ受信

面倒な手作業受信も弊社が代行いたします!

ブラウザタイプのデータ受信にも対応いたします。

 

 

レガシー手順

機器の故障リスクをカバーいたします!

高価になった通信機器の故障、切替費用の削減にJCA手順などのレガシー手順の対応も可能です。

 

2022年1月15日

自動帳票配信 Web帳票管理システム

大量の帳票作成・発送作業でお困りではありませんか。システム化する事でコスト削減と効率化が実現出来ます。

インターネット環境があれば簡単に始められます。

ぜひ一度ご相談ください。

導入効果

  • 帳票に出力する内容を、CSV形式のデータでアップロードするだけで、帳票の作成が自動で行えます。
  • ペーパーレスになるため宛名の印刷や封入、封印の必要がありません。管理コストを削減することができます。
  • インターネットで帳票を配信するので即時配信が可能です。また、郵送費用がかかりません。

機能

管理者(配信側)
  • システムへログインし配信するデータをCSV形式でアップロードします。
  • 帳票を配信するユーザーを選択して実行します。
  • 利用者へメールが送信されます。

 

 

利用者(受信側)
  • メールを受信します。
  • システムへログインし配信された帳票を確認します。

2022年1月15日

オンラインストレージサービス SBox

社内ファイルサーバとしての活用や、重要なファイルのバックアップとして利用できます。

ハードなどの初期費用が掛らず簡単導入でき、外出先からスマホやタブレットで各データが利用可能です。

特徴

エスボックスイメージ

 

SBox オススメポイント

・ハードなどの初期費用がかからず、簡単導入

・外出先からスマホやタブレットで各データが利用可能

・WordやExcelなど、ファイルや資料を各拠点と共有

・インターネット環境があれば、いつでもどこでも利用可能

・管理者は、利用者のID・パスワード 設定や容量の振り分けを簡単管理

・ローカルの指定フォルダーを自動同期(オプション)

機能

  • ファイルデータはドラッグ&ドロップで簡単にアップロードが可能。
    フォルダやファイルの文字検索機能により、目的のファイルを素早く探し出せます。
  • 管理者は各ユーザのID/パスワードの発行に加え、各ユーザに使用容量の制限設定をすることができます。
    また、共有フォルダの容量設定も可能になっています。

 

2022年1月15日

データ消去

こんなお悩みはございませんか?

・パソコン・サーバの廃棄をしたいが情報漏洩が心配。
・リース返却するパソコンが大量にあって消去が大変。
・データを外部に持ち出さず消去したい。

 

対応機器

・ノートパソコン/デスクトップパソコン/サーバー/外付けハードディスク/USBメモリ/SDカード/NAS
・CD /DVD/BDディスク/ スマートフォン/タブレット(物理破壊のみ)

 

価格

¥2,000(税込)より
(価格は台数や消去方法により変動いたします。ぜひ、ご相談ください。) 

消去方法

ソフトウェアでの消去

-メリット-
・消去後も装置の再利用ができる。

 

-デメリット-
・時間が掛かる。 

 

物理破壊での消去 (おすすめ)

-メリット-
・短時間で消去

 

-デメリット-
・消去後は装置の再利用ができない。

↑UP